本文へスキップ

電話でのお問い合わせは0120-5-4618-5

【平日】10:30~20:30 【土曜】9:30~18:30

診療メニューaccess

 

歯の構造

皆さんは、歯の構造がどのようになっているかご存知でしょうか?ここでは、歯の表面から内側まで歯の構造を簡単に説明いたします。

 

歯の構造

1.歯の構造

エナメル質

歯の表面にある最も硬い組織です。
 セメント質
歯根の外側にある組織です。
歯と顎の骨(歯槽骨)を結合しています。
 象牙質
エナメル質よりもやわらかい組織です。
セメント質の内側にあり、歯冠から歯根まで歯の大部分を占めています。
 歯髄
(歯の神経)
象牙質の内側(歯の中心部)にある組織です。
歯髄の中には血管、リンパ管、神経線維などがあり、歯に栄養を与える役割を果たします。
 歯肉
(歯ぐき)
歯冠の下にあるピンク色の粘膜です。
顎の骨を覆って保護しています。
 歯槽骨
歯を支えている顎の骨のことです。
虫歯について

虫歯は口の中に残っている細菌(ミュータンス菌)によって、歯の表面の一番かたいエナメル質を溶かし穴が開いた状態になってしまうことからはじまります。そのあと、エナメル質よりやわらかい象牙質、歯髄へまで進行し、神経まで届くと強い痛みを感じます。C1以上の虫歯になってしまうと自然治癒することはありません。そのまま放置したら悪化する一方です。少しでも歯の痛みを感じたらすぐに歯科医院に行くことが大切です。

虫歯の進行度

虫歯の進行度は、C0~C4に分類されます。
以下では各段階での症状と一般的な治療法をご説明いたします。

2.C0 「虫歯の最初期~脱灰~」

C0 「虫歯の最初期~脱灰~」

痛みなどの自覚症状はありませんが、白濁が見られます。
この段階の虫歯は、適切なブラッシングと予防治療により再石灰化して治ります。

3.C1 「虫歯の初期~歯の表面(エナメル質)の虫歯~」

C1 「虫歯の初期~歯の表面(エナメル質)の虫歯~」

歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります。
痛みはありませんが、そのまま放っておくと虫歯は急速に悪化します。

治療方法:エナメル質を削り、コンポジットレジンというプラスチックを詰めます。

4.C2 「虫歯の中期~歯の中(象牙質)の虫歯」

C2 「虫歯の中期~歯の中(象牙質)の虫歯」

エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。
冷たいものを飲んだり甘いものを食べたりした時に、歯がしみたり痛んだりします。

治療方法:虫歯になった部分を削り、詰めもの(インレー)を詰めます。

5.C3 「虫歯の後期~神経まで進行した虫歯~」

C3 「虫歯の後期~神経まで進行した虫歯~」

象牙質によって保護されていた歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。
温かいものがしみたり、何もしなくても激しい痛みを感じたりするようになります。

治療方法:歯の神経を取り除いて被せもの(クラウン)を装着するのが一般的です。

6.C4 「虫歯の末期~歯の根まで進行した虫歯」

C4 「虫歯の末期~歯の根まで進行した虫歯」

歯冠の大部分が崩壊し、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。
治療方法:多くの場合は抜歯が必要です。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などの義歯治療をします。

虫歯の要因

cause

食べ物の要因

・多くの糖質を含むもの
・歯にべたべたと付着し口の中に残りやすい食べ物

 

歯質の要因

・歯の溝が深いことにより磨きのこしができる
・歯並びが悪くブラッシングが行き届かない場所が出来る
・歯の質が弱い

 

細菌(虫歯菌)の要因

・ブラッシングが悪く、口の中に虫歯菌が多い
・唾液が少なく、虫歯菌が繁殖しやすい(唾液には抗菌作用があります)

 

時間の要因

・口に長い間食べ物がはいっている(ダラダラ食い)
・ブラッシングの回数が少ないなどで歯に虫歯菌が付いている時間が長い
・間食の回数が多い

それぞれの要因に対して、予防のアプローチをすることで効果的に虫歯予防を行うことが出来ます。意識して改善していきましょう。

宮本歯科お問い合わせ

虫歯治療を行いたい方は、当院までお気軽にお問い合わせください。

 
住所 〒803-0846
北九州市小倉北区下到津4丁目6番5号3階
電話番号 0120-5-4618-5
メール お問い合わせフォームはこちら