インプラントと従来の治療法の違い

健康な歯に負担をかけず、食べる楽しみを取り戻す

 歯は、目で見える部分のと、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。 これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。

 また、奥に歯がない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。 一方、インプラントは、健康な歯への負担が増加することはありません

 それでは、それぞれの治療法を比べてみましょう。

従来の治療法

ブリッジ

噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています。(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われます)ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約l.5倍になります。削られた歯は傷みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。

入れ歯

歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残っている歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなり、何度も作り直す必要が出てきます。

図

この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。

奥歯を固定するために、金属の支えを使用する例です。違和感があり、清掃も難しく見映えもよくありません。

総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりします。そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。

インプラントによる治療法

インプラント(人工歯根)

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工歯根)療法です。この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。また、あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。
また、食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。

図

インプラントでは、両隣の歯はそのままで、負担もかかりません。

インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして、人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように、骨に伝わります。

インプラントでは、義歯はあごの骨に固定され、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。

インプラントの歴史 indexへ インプラント治療の流れ
診療カレンダー

診療日カレンダー

インフォメーション

〒803-0846

北九州市小倉北区下到津

4丁目6番5号3階

お問い合わせ
WEBからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ
営業のご案内
  • 診療時間
    • 【平日】10:30〜20:00
    • 【土曜】9:30〜18:30
  • 休診日
    • 土・日・祝日
      ※祝日のある週のみ土曜日診療